医院BLOG

矯正治療/精密検査の内容と目的

矯正治療における精密検査とは、レントゲン・CT撮影/口腔内・顔面写真/口腔内スキャンを行い、そこで得られた情報をもとに患者様一人ひとりにあった治療計画を立案するためにとても重要な項目です。所要時間は45分程度です。

精密検査の目的

矯正カウンセリング
初診カウンセリングの様子

カウンセリング後、矯正治療を始める前に必ず行うのが精密検査です。現在のお口の現状を把握し、今後の治療方針と具体的な治療内容を決めるうえで非常に重要となります。

一期治療からはじめた患者様は、永久歯がすべて生え揃い成長がある程度落ち着いた段階でもう一度精密検査を行います。一期治療終了後から生え変わりが終わった時期の比較、二期治療の必要性などを確認するためです。

精密検査の4つの内容

  • 1:レントゲン撮影

基本のレントゲンはパノラマ・セファロ・正面の3種類を撮影します。その他、必要に応じて顎関節(がくかんせつ)・手根骨(しゅこんこつ)の2種類のレントゲンを撮影します。

パノラマレントゲン
パノラマレントゲン(歯全体)

歯全体を撮影するパノラマレントゲンでは、歯の位置や数、歯根(歯の根っこ)・長さ、骨の状態などを確認します。お子さんの場合は、まだ生えてきていない骨のなかに埋まっている永久歯(えいきゅうし・大人の歯)の数や位置なども確認します。

側面セファロレントゲン
側面セファロレントゲン(横顔)

横顔を撮影する側面セファロレントゲンです。上顎骨(じょうがくこつ)や下顎骨(かがくこつ)の前後的位置や、上下の歯の傾斜などを確認します。

側面セファロトレース
側面セファロトレース
正面セファロトレース
正面セファロトレース

このデータをプリントアウトし、トレースを行います。標準的な歯並びの良いひとの骨格のデータと比べて上顎骨・下顎骨の骨の位置が前にあるのか後ろにあるのか、上下の前歯の位置が前にあるのか後ろにあるのかを分析します。正確な矯正治療を行う上で、最も重要な精密検査内容となります。

正面セファロレントゲン
正面セファロレントゲン(正面)

顔の正面を撮影する正面セファロレントゲンです。顔の対称性や、咬む面の傾斜などを確認します。左右の対称性がピッタリととれている人は数少ないですが、ズレが大きい場合は骨格に対する処置(外科的矯正治療)が矯正治療のなかに組み込まれることがあります。

顎関節レントゲン
顎関節レントゲン

顎関節(がくかんせつ)のレントゲンです。顎関節や下顎頭(かがくとう)の位置、形態を把握するために撮影します。当院では、外科的矯正治療をおこなう患者様の検査で使用します。下顎を動かしたときの顎関節部の情報を得るために、咬んでいる状態だけでなく最大開口位(さいだいかいこうい・一番大きく口を開けた状態)などの撮影を行います。

手根骨レントゲン
手根骨レントゲン

手根骨(しゅこんこつ)のレントゲンです。骨の成熟度を評価、生理的な年齢を測定し、下顎骨の思春期成長発育時期の予測などに使用します。主に、成長途中の子どもに用いられ残りの成長がどのくらい残っているかによって今後の治療方針が決められることがあります。

  • 2:エックス線CT検査
歯科用コーンビームCT
歯科用コーンビームCT画像

歯科領域用に開発された歯科用コーンビームCTを使用し撮影します。埋伏歯(まいふくし・骨の中に埋まっている歯)の位置の確認や顎変形症における顎矯正手術のシミュレーションを作成したりすることができます。

  • 3:口腔内・顔面写真
口腔内写真
口腔内写真

口腔内(こうくうない)写真です。歯の形態や歯列、かみ合わせの状態の確認をします。治療経過の記録や、治療前後の比較、患者様への説明に使用するため客観的に自分の歯の状態を確認することができます。

顔面写真
顔面写真

顔面写真です。正面と側面の顔面規格写真を撮影し、顔のバランスや左右対称性などの形態、および口唇閉鎖時(くちびるを閉じたとき)の筋肉の緊張などを確認します。

  • 4:口腔模型
口腔内スキャナーiTero
口腔内スキャナー iTero

平行模型モデル
平行模型モデル

口腔内スキャナーを使用し、歯の模型を作成します。小さなカメラをお口にいれてスキャンしていくだけなので、苦しい型取りは必要ありません。実際の歯1本1本の大きさや形の計測、歯列弓(しれつきゅう・前歯の先端から奥歯(臼歯)の外側にかけて馬蹄形を描いている曲線)の幅、現在のかみ合わせなどを確認します。

精密検査の所要時間・料金

精密検査にかかる時間はおよそ30分~1時間程度です。
検査項目や混雑状況によって変化しますので、お時間に余裕のあるときの来院をオススメします。当院では、子どもの場合も1人で診療室に入ってもらいます。スタッフが優しくガイドしながら行いますので安心してください。

精密検査料金は、小児・成人ともに11,000円(税込)となります。
クレジットカードの使用ができませんので現金のご準備をお願いいたします。

精密検査後の流れ

精密検査後のつぎは矯正医による診断(しんだん・治療計画のお話)となります。
精密検査から診断までは約1ヶ月ほど時間をいただき、精密検査で得たデータを分析し治療計画を作成していきます。診断時に、詳しい治療についてのお話や、装置を決めたり、治療費のお支払い方法を決定していきます。

初診カウンセリング

精密検査

診断

装置装着

予約方法

精密検査をうけるまえに、初診カウンセリングを行い矯正治療の概要をお話させていただき、ご理解いただいた上で精密検査を行います。まだ、当院での初診カウンセリングをうけていないかたはまずカウンセリングのご予約をお願いいたします。

初診カウンセリングをうけ、精密検査のご予約をご希望のかたはこちらからどうぞ!

BACK TO TOP