外科的矯正治療とは

保険の適用される外科的矯正治療があります

外科的矯正治療とは、骨格のずれなどから、歯の矯正だけでは正しい噛み合わせに導くことが難しい時に行う、 顎の骨などに対する外科的な手術を取り入れた矯正治療のことです。 噛み合わせだけでなく、顔の形がゆがんでしまっている場合などでも、外科的矯正治療を行うことで改善することができます。 かさい矯正歯科では、厚生労働省が定める疾患に関して、保険適用で治療を行うことが可能です。

外科的矯正治療の流れ

1、術前矯正

外科的矯正治療の歯科矯正治療では、後で顎の骨を切って噛みあわせを調整する(顎矯正手術)時に、良い噛み合わせになるように考えて歯並びを綺麗にします。
ブラケットという矯正装置を使用しています。ブラケットは耐久性に優れた金属製のものが一般的ですが、審美性のある透明なブラケットもございます。

2、顎矯正手術(歯科口腔外科)

手術は1週間から2週間程度の入院をして行います。顎骨を正しい位置に再配置し、チタンのプレートとネジで固定します。チタンの固定装置は顎が固定できたら取りはずす場合も、そのままにしておく場合もあります。顎の位置が変わったことで、噛み合わせが正常に治っています。手術後は噛み合わせが安定するまでワイヤーやゴムで顎を固定することもあります。顎の位置が改善されると、顔がよりバランスのとれた状態になります。

3、術後矯正

顎の手術が終了した後は、上下の歯を緻密に、正確に噛み合わせるために、もう一度歯列の矯正治療を行います。期間は大抵数ヶ月から1年程になります。

4、保定期間

歯科矯正治療と顎矯正手術で、きれいな歯並びを手に入れたら、矯正完了まで、あともう一歩です。治療終了後は「後戻り」しやすいため、きれいに並んだ歯並びを定着させるために、ワイヤーやマウスピースを装着して後戻りを防ぐ保定期間が必要となります。

 

「サージェリーファースト」でより素早く正確な手術が可能に

外科的矯正治療では、サージェリーファーストというシステムを使用することで、歯科矯正治療期間を大幅に短くし、より素早く正確な手術をすることが可能になります。当院ではこれを導入して、より患者さまに負担の少ない治療ができるよう最善を尽くしています。

顎変形症とは

顎のずれや歯並びの不正によって、顔が変形したり、噛み合わせの異常が起こる状態です。

上顎骨と下顎骨の大きさや位置がずれて、歯の移動だけでは完全に治すことのできない噛み合わせを、総称して「顎変形症(がくへんけいしょう)」といいます。下顎が突出したいわゆる受け口や、顎の骨が前に出ているタイプの出っ歯など、気になる症状がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この顎変形症は、矯正治療にプラスして、顎の手術も併せて行うことで、綺麗な歯並び、お顔のバランスに改善することが可能です。あごの変形で顔の左右の対称性がとれていない場合、前歯がかみ合わない場合なども、改善することが可能です。噛み合わせの悪さや顎のずれは、咀嚼がしづらく、健康の面でよくないばかりか、審美的側面から気持ちが落ち込んでしまう原因にもなりえます。噛み合わせが気になっているという方は、あきらめずに治療を行ってみませんか?

顎変形症の種類

骨格性上顎前突(出っ歯)

骨格性下顎前突(受け口)

骨格性開咬

交叉咬合(顔面非対称)

骨格性過蓋咬合

顎変形性は「外科的矯正治療」で改善することができます!

顎変形症の治療は、咬み合わせはもちろんのこと、上下の顎の不調和を治すことを目的として行われます。顎変形症の治療方法である「外科的矯正治療」では、主に、歯列(歯並び)を治す「歯科矯正治療」と、顎の骨を治す「顎矯正手術」の2種類の治療が行われます。この外科的矯正治療を行うと、歯並びや咬み合わせはもとより、口もとやお顔の形も劇的に改善することができます。結果的に口内環境がより清潔に保ちやすくなり、むし歯や歯周病の予防効果も期待できます。

顎変形症治療の流れ

外科的矯正治療では、まず歯科矯正治療を行い、 次に顎矯正手術を行って噛みあわせをととのえるという治療の流れが一般的です。 歯が綺麗に並んだあとには、以下の流れになります。

1、ご予約

まずはじめに電話で予約してください。

2、矯正相談

お口の中を簡単に見せていただき、歯並びや咬み合わせの確認をさせていただきます。 大まかな治療の流れ・装置について・料金についてなどご説明します。

3、検査

理想的な横顔ときれいな歯並びをつくるにあたり、横顔と正面のX線写真・歯型・口の中の検査・顔と口の中の写真をとります。顎の動きやお顔のバランスを診る、顎機能検査も同時に行います。

4、診断

どのような方法で治療を行い、期間はどれぐらいなのか、具体的に、費用等の治療計画の説明をいたします。検査結果から、患者様の現在のお口の状況と、治療後に予想される改善結果もをお伝えいたします。しっかりと検査・説明を行い、ご納得頂いた上で治療を進めてまいります。また、顎矯正手術(顎の骨を切る手術)を受けていただく、信頼できる病院をご紹介いたします。

5、術前矯正

顎矯正手術を行う病院においても、「顎変形症である」との診断を受けたら治療スタートです。まず当院で、術前の矯正治療を受けていただきます。大抵の場合、月に一度ほど通院していただき、治療期間は半年~1年程度です。
※当院では、術前矯正の完全に省略した最新の治療法「サージェリーファースト」法による治療も行っております。

6、顎矯正手術

術前矯正が終了したら、次は顎の骨を切る治療(顎矯正手術)です。
手術には1~2週間程度の入院が必要になります。

7、術後矯正

顎矯正手術終了後は、歯並びや咬み合わせの微調整を行うため、再び歯列矯正を行います。治療期間は3ヶ月~6ヶ月程度です。

8、保定・治療終了

歯並び・咬み合わせが綺麗に改善されたら、装置をはずすことができます。ただしその後1~2年の間は「保定期間」といって、歯並びの「後戻り」を防ぐ維持管理をする必要のある期間です。せっかく綺麗に整った歯並びがまた乱れてしまわぬように、取り外しできる装置などで維持管理を行います。後戻りしないことが確認できたら、治療は終了です。

患者さまのご負担を減らすために

当院では、患者さまのご負担をできる限り減らすための取り組みとして、「サージェリーファースト」などのシステムを導入し、治療期間の短縮を図っています。
それだけでなく、口腔外科医と密に連携を図ること、また、患者さまにも、しっかりと治療に臨んでいただくといったご協力のもと、早く正確な、負担の少ない顎変形症の治療を実現しております。