旭川の矯正歯科専門クリニック

旭川で唯一、日本矯正歯科学会の[認定医]と[指導医]の資格を有しており、日本矯正歯科学会認定医を育成できる[臨床研修機関]に指定されております。

矯正治療に特化した専門の歯科医院です。
子供から大人まで症状に合った適正治療を行います。

インフォームド・チョイス

当院では、患者様に提供できるすべての治療オプションを提示し、そのメリットとデメリットをわかりやすく説明したうえで治療方針を決定するインフォームド・チョイスを実践しています。

治療期間の短縮

歯の移動のバイオメカニクスに基づく効率的かつ効果的治療の実践とデジタル矯正システムの導入により治療期間の短縮を図ります。

連携医療による顎顔面包括歯科

当院は矯正専門の歯科医院として、一般歯科や口腔外科、小児歯科、歯科補綴、歯科インプラントなどの専門医と連携する顎顔面包括歯科治療を推進・実践しています。

院長 上地 潤 / Doctor, Jun Uechi

院長 上地 潤 / Doctor, Jun Uechi

これまで約20年、大学病院で培ってきたチーム医療の経験と最新のデジタル矯正の技術をいかして、かさい矯正歯科の患者様一人ひとりに合った最適な治療を提供できるように努力してまいります。

所属学会

日本矯正歯科学会 会員/ 日本顎変形症学会 会員/北海道矯正歯科学会 理事/日本デジタル矯正研究会 理事

資格

歯学博士/日本矯正歯科学会認定医/日本矯正歯科学会指導医/北海道医療大学歯学部口腔構造・機能/発育学系歯科矯正学分野 非常勤講師

著書・論文

外科的矯正治療の効率化を考える/顔面非対称の三次元形態分析と外科的矯正治療/表面形状基準法により抽出した顔面正中矢状面の再現性と妥当性/表面形状基準法を用いた頭蓋顔面硬・軟組織の正中矢状平面の抽出とその一致度、他

矯正について

初回カウンセリングは無料です

当医院では大まかな治療の流れと料金についての説明をしたうえで、お口の中をしっかり検査することから始めます。

治療費について

“支払いの負担を軽くして一人でも多くの方に矯正治療を”

当院では、リーズナブルに矯正治療を受けていただけるよう分割による支払いも可能です。また、万が一、矯正治療後に元の歯並びに戻ってしまった場合の安心の再治療保証や、急な痛みが発生したときなどの緊急時応急処置費用は無料など安心して矯正治療をうけていただけます。

かさい矯正歯科の安心の料金システム

POINT 1
月々1万円以下の支払いプラン
POINT 2
再治療保証
POINT 3
緊急時対応が無料
治療費について詳しく見る

お電話によるお問い合わせ

お電話でのご予約・初回無料カウンセリングのお申込みも承っております。
0166-25-7700
10:30~19:00 日のみ17:30まで ※木曜定休

オンライン予約

ネットでのご予約・初回無料カウンセリングのお申込みも承っております。
オンライン予約

お知らせ

  1. 2018年8月19日

    HPをリニューアルしました

  2. 2018年6月1日

    院内新聞第35号を発行しました

  3. 2017年12月1日

    院内新聞第34号を発行しました

  4. 2017年6月1日

    院内新聞第33号を発行しました

  5. 2016年12月8日

    院内新聞第32号を発行しました

お知らせ一覧を見る

よくある質問

矯正歯科治療は何歳まで受けられますか?
矯正に年齢制限はありません。

歯周病のように歯がグラグラになっていない限り、何歳でも治療は可能です。ただし、悪い噛み合わせを何十年も放置していた結果、治療が難しくなる場合もありますので、できるだけ早く治療を開始することをお勧めいたします。
上の前歯の並びだけが気になるのですが、部分的な矯正はできますか?
はい。当院では部分矯正も行っています。

とはいえ、部分矯正と言っても、問題がある歯のみに装置を付けて歯を動かすことはできません。全体の噛み合わせを考えて、装置をつける箇所を判断する必要があるからです。どの程度装置を付ける必要があるのか、治療期間にも個人差があることをご了承ください。
矯正歯科の治療費も医療費控除の対象になりますか?
子供:認められます。
成人:当院では、診断時にお渡しする治療計画書のコピーを控除申告時に添付していただいております。

詳しくは、国税庁のHPをご覧ください。

国税庁HP:http://www.nta.go.jp/

●医療費控除を受けるための条件は?
医療費控除は、1月1日~12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を越えた場合の超過分に対して適用されます。ただし、年間所得が200万円未満の場合、所得×5%を基準として超過分に対して適用されます。
矯正歯科治療では抜歯が必要だと聞いたのですが......
治療上必要があれば抜くことはあります。

出来る限り歯を抜かないで治療することは、矯正医も患者さまも気持は同じです。あごを横にひろげたり、歯を後ろに動かしたり、歯の幅をせまくしたりすることで隙間を作ることが出来る場合は、歯は抜く必要がありません。

しかし、隙間を作れなかった場合や、口元が前に出ているのを改善したい方は、抜歯が必要な場合もあります。
矯正歯科の治療期間と通院間隔はどれくらいですか?
治療の難易度、歯の移動速度な患者さんそれぞれで個人差がありますが、当院では混合歯列期(子供)で一年以内、成人においても一年半以内を目標に動的治療を行っています。通院間隔は一般に4週から6週に1回が平均的です。

お問い合わせ

治療についてのご相談やご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。
おってメールにてご連絡いたします。

診療カレンダー