こどもの矯正治療とは

歯科矯正はお子さまの未来への贈り物です

お子様の将来の健康のことを考えて、こどもの矯正を検討してみませんか?歯並びを子どものころから改善していくと、良い見た目でお子様に自信を与えるだけでなく、発育・健康の面でも大きなメリットがあります。例えば歯並びが悪く、普段の習慣で、常に口が開いてしまうような場合は、口呼吸となって風邪を引きやすい・むし歯になりやすいといったリスクがあります。また「指をしゃぶる」「爪を噛む」「頬杖をつく」など、日常生活の中での癖も歯並びに良くない影響のある要素です。お口周りの癖も含めて歯並びを改善していくことで、将来歯並びが悪くなったり、健康に影響することをあらかじめ防ぐことができるのです。お子様の歯並びが気になる方、日常生活の中でのお子様の癖が気になる方も、是非お気軽にご相談ください。

Ⅰ期治療とⅡ期治療

こどもの矯正治療はⅠ期とⅡ期に分けられます

こどもの矯正治療は2つの時期に分けられることをご存知ですか?
乳歯が生え始めてから、永久歯に生え変わっている間までの時期を一期、
乳歯がすべて永久歯に生え変わった時期をⅡ期として、
それぞれの時期に適切で効果的な治療を行っていきます。

Ⅰ期治療

永久歯がきちんと生えるように成長を管理します

一期治療では、歯や顎がまだやわらかい、成長段階の状態であることを利用して、顎の大きさや形、噛み合わせを整えて、永久歯が綺麗に生えてくることができるように、成長を管理してあげる治療が基本となります。具体的には、顎を広げることのできる装置で、顎を広げて永久歯がきちんと生えてこれる土台を準備したりして、お口の中を歯並びが乱れないような良い環境にあらかじめ整えておいたり、事前に備えておくのです。同時に舌で歯を押してしまう癖や、指しゃぶりや頬杖をついてしまう習慣のある場合は、一緒になおしていきます。

Ⅱ期治療

本格的に歯を動かす治療を行います

永久歯が生えそろった後は二期治療と呼ばれる本格的な矯正治療に入ります。「矯正」といって一般的にイメージされるような、ワイヤーを使用した治療など歯を動かす本格的な治療を行っていきます。一期治療の目的が、歯や顎の成長管理だったことに対して、二期治療では歯の位置やかみ合わせを、しっかりと整えることを目的としています。二期に入ってしまったからといって矯正を始めるのが遅いかといえば、実はそんなこともありません。お子さまの成長やお口の環境に合わせて、対応していくことが可能ですので、どうぞお気軽にご相談ください。

こどもの矯正のメリット・デメリット

歯並びを子どもの頃から改善したり、悪くならないように診ていくことは、お子さまの健康や発育にとってとても大切なことです。単に見た目のためだけではなく、記憶力の向上や、言葉の発音がうまくできるようになったりと、過去の研究により様々なメリットが確認されています。

むし歯予防効果で美しくつよい歯に!

乳歯やはえたての永久歯は歯質がよわいので、非常にむし歯になりやすくなっています。こどもの頃に歯並びがわるいと歯が磨きにくく、むし歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。そのため早い時期から歯並びを綺麗にすること、綺麗になるように管理していくことは、むし歯や歯周病の予防にとても大切で効果的なことなのです。また小さい頃から歯並びが綺麗だと、余分な力がかかることなく食べ物を噛む事ができ、歯の根や顎の関節へ負担がかかることを防ぐことが出来ます。


健康や記憶力・発音にも良い影響が!

良くない歯並びによって口を閉じることができなかったり、舌の位置が正常ではなくなると、口呼吸や猫背など、呼吸や姿勢にも影響してきます。子どもの頃からきちんと観察して歯並びを管理すれば、お子さまのより健全な成長へとつながります。また噛み合わせや歯並びを改善すると、唇や舌の動きがよくなり、発音が改善されることもあります。また良い噛み合わせでしっかり噛むことができれば、脳の活動が活発になり、記憶力が向上するなどの効果もあります。(脳の咀嚼に関わる部分のすぐ近くに記憶に関わる領域があり、刺激を受けて活発になるため。)

こどもの矯正のデメリット

矯正治療をするにあたってデメリットもいくつかありますが、治療にしっかり取り組み、ケアもきちんとすれば、防ぐことができる場合が多いです。

一時的に歯並びが悪くなることがある

子どもの矯正では顎の成長に合わせて歯並びを治すので、その過程で少しの間歯並びが悪い状態になることもあります。

むし歯になりやすい

複雑な形の装置をつけた場合、歯の磨き残しができてむし歯になってしまうことも。ブラッシング等のケアが必要です。

大人になってから矯正が必要なことも

子どもの頃に治療を始めても、大人になってからも治療が必要なケースもあります。外科手術が必要になるような受け口の場合などでは、成長して骨格がしっかりしてから手術を行ったりします。