ブラケット矯正とは

最も一般的で自由度の高い矯正方法です

ブラケット矯正とは、「矯正」と聞いて一般的にイメージされる、ワイヤーを使用した治療方法です。歯にワイヤーを通すことのできる装置(ブラケット)を装着し、ワイヤーをそこに通して少しずつ歯を移動させていきます。
矯正治療の中には治せる症例がかぎられてくる治療もありますが、ブラケット矯正は、ほとんどの不正咬合に対応可能な矯正装置です。また、ブラケットは笑った時などに見えてしまうため、気になる方もいらっしゃると思いますが、透明で目立たないものや、歯と誓い色のものもありますので、ご希望に合わせて選択していただくことが可能です。

ブラケット矯正の種類

ブラケット矯正は歯の表面の任意の場所に装置を装着できるため、自由度が高く、あらゆる不正咬合に対応することが可能です。

メタルブラケット

メリット

金属製で丈夫・比較的安価

デメリット

金属なので目立つ

丈夫で治療費を比較的抑えられる装置です

金属製のメタルブラケットは、丈夫な上、他の矯正装置に比べると安価です。ただ金属アレルギーが心配な方や、目立つ装置が嫌という方には向きません。

審美ブラケット

メリット

目立ちにくい・アレルギーでも安心

デメリット

メタルよりやや高額

金属アレルギーでも安心!目立ちにくい装置です

透明や白のブラケットは目立ちにくく、非金属製なので金属アレルギーの方でも治療が可能です。材質はセラミックや樹脂で、メタルブラケットよりやや高額で強度が劣るといわれています。

ブラケット矯正のメリット・デメリット

ブラケット矯正のメリット

最も多く行われてきた矯正方法なので、研究が進んでいる

ブラケット矯正は古くから存在する、最も多く行われてきた矯正方法です。そのため症例や治療の実績もその分数多く存在していますので、よく研究されてきた、信頼できる治療方法であるといえます。

あらゆる症例に対応することが可能

ブラケットによる矯正は、歯の面に自由にブラケットを装着することができるため、様々な症例に対応することができます。例えばマウスピース矯正などでは、歯並びや噛み合わせが大きく乱れているケースには使用することができませんが、ブラケット矯正ならば、大きく乱れた歯並びや噛み合わせにも問題なく治療を行うことが可能です。

目立ちにくい・アレルギーの心配が無い装置も選択可能目

「金属のブラケットは目立って嫌だ」という方、「金属を口の中に入れるのはアレルギーが心配」という方は、目立ちにくい「審美ブラケット」で治療を受けていただくことが可能です。非金属の素材を使用しているため、金属アレルギーが不安な方にも安心してお使いいただけます。

ブラケット矯正のデメリット

口の中に大きな装置を入れる必要がある

ブラケット矯正では、お口の中に大きな装置(動かさない歯を固定しておくための装置)を入れる必要があり、その装置を入れている間は、異物感があったりしゃべりにくかったりする場合もあります。

金属製の装置は目立つ

金属製の「メタルブラケット」は丈夫ですが、やはりある程度は目立ってしまいます。

目立ちにくいものは費用がやや高額になる

非金属製の「審美ブラケット」は目立ちにくいですが、金属製のブラケットに比べると費用がやや高額になってしまいます。

大きな装置を入れなくても良い!インプラント矯正

ブラケット矯正では、治療中、お口の中(上あごなど)に大きな装置を装着しなければなりませんが、インプラント矯正ではその必要がありません。「口の中に大きな装置を入れ続けるのは嫌だな」と思っている方は、ブラケットとインプラントで行う「インプラント矯正」を検討してみませんか?

インプラント矯正について