医院BLOG

子供の受け口/上顎前方牽引装置(MPA)の目的・使用時間

上の前歯と下の前歯が逆のかみ合わせになっていることを受け口といいます。

子供の受け口治療では、上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)と呼ばれる取り外し式の装置を家にいる間のみ使用します。使えば使うほど効果がでるので、なるべく長時間の使用が望まれます。

受け口とは?

受け口は、別名:反対咬合(はんたいこうごう)、下顎前突(かがくぜんとつ)とも呼ばれます。

反対咬合
反対咬合
下顎前突
下顎前突

前歯だけが上下逆になっている場合(歯槽性・機能性)と、下あごの成長が上あごより盛んで下あごの骨が前に出ている場合(骨格性)で治療方法が変わってきます。

主に、上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)は骨にたいしてアプローチする骨格性反対咬合の場合に使用します。

骨格性反対咬合は、放置すると上あごの発育を阻害し上下顎骨のバランスをさらに悪化させることもあるため、劣成長を示す上あごへの成長促進、あるいは過成長を示す下あごへの成長抑制などを行う必要があります。

上顎前方牽引装置(MPA)について

上あごに力をかけて前方に成長させ、同時に下あごの成長を抑制させる装置です。あご先とおでこを支点にして、上あごを引っ張り出します。あごの成長をコントロールして治療できるのは、成長途中の段階でしか行うことができません。

上顎前方牽引装置・MPA・フェイスマスク
上顎前方牽引装置・MPA・フェイスマスク

歯の生えている本数や位置によって口のなかで使用する装置が変わります。

リンガルアーチ・マルチブラケット装置
MPA用リンガルアーチ・マルチブラケット装置

対象年齢

当院では主に、小学校入学~残余成長があるとみられる中学生に使用します。

2歳まではかみ合わせに再現性が乏しく、3歳までに変化することがあるため、一般的に乳歯列(にゅうしれつ・すべての歯が子どもの歯の状態)の完成前に治療をはじめる必要はないと考えられています。
3~4歳以降は、永久前歯交換時期(えいきゅうぜんしこうかんじき・上下の前歯2本ずつが大人の歯へ生え変わる時期)・混合歯列期(こんごうしれつき・子どもの歯と大人の歯が両方生えている時期)なので適切な時期をみながら治療を開始していきます。

混合歯列期は、成長の旺盛な時期であり、顎骨の成長をコントロールするのに適した時期とされています。しかしながら、完全に成長をコントロールすることが難しく、最終的な咬合(こうごう・かみ合わせ)が完成する永久歯列期(えいきゅうしれつき・すべての歯が大人の歯の状態)まで長期的に管理を行う必要があります。

使用方法・使用時間

〈使用方法〉

お口のなかに装着された左右のフックにそれぞれ牽引用の輪ゴムをかけ、上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)にクロスになるように輪ゴムをかけます。輪ゴムは1日に1回は必ず新しいものにかえてください。

上顎前方牽引装置のゴムのかけ方
上顎前方牽引装置のゴムのかけ方

上あごが成長してくると輪ゴムがゆるくなることがありますが、定期的にチェックして輪ゴムのサイズをきつくしていきます。来院時は必ず上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)をお持ちください。

〈使用時間〉

8~10時間使用することが理想です。
おうちにいる時のみ使用するので、学校や外出先で装着する必要はありません。
食事・歯磨き・お風呂以外のなるべく長い時間装着することが大切です。テレビをみているとき、宿題をしているときなど使えば使うほど効果のでる装置になります。

寝ている時間はかならず装着!

就寝時は一番長くつけられる時間なので必ずつけるようにしてください。
「うちの子寝相が悪いけど大丈夫?」と心配される保護者の方がたくさんいますが、次の来院時にはみなさんしっかり装着できました!と言っていただける方が大半ですので安心してください。

ー1日のタイムスケジュール(例)ー
帰宅後:おやつを食べて、歯磨き。その後、上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)装着!宿題やテレビ・ゲームなどをして過ごす。
夕食時:装置を外して、夜ご飯→お風呂→歯磨き。その後、上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)装着し就寝。
起床時:装置を外して、学校・外出をする

痛みはある?

ゆるいゴムからはじめていくので、初めから強い力がかかることはなく次第に慣れていくことがほとんどです。痛くて使えない!となる方はほとんどいませんので安心してください。

まとめ

成長期の受け口の治療に使用する、上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)。

開始時期の相談や実際の装置をみてみたい!など、当院初診カウンセリングにてみなさんの疑問を解決いたします。

BACK TO TOP